PROFILE


伊豆在住フリーライター/よろず文筆請負業

小林 紀子(こばやし・きこ)

静岡県熱海市を拠点に活動。伊豆地域在住。


【活動の3本柱】

●地域の宝の再発見

古き良きものと新しい文化の融合。Uターン組ならではの視点で地域の良さを発見し、オープンな姿勢で数多くのものをシェアして行く。


●地場産品の発掘と伊豆の食文化の歴史を探求

伊豆に限らず、関連する食文化の歴史を探求し、今まで知られていなかった地場産品との出会いの場所を提供


●“ジモトのシゴト”を世界へ紹介する

静岡県東部・伊豆に限らず、観光関連はもちろん個性的な中小企業(工業・商業)を世界へ向けて発信するお手伝い。


また、ウィズコロナ時代、地方在住のフリーランスだからこそ可能な仕事づくりを考えています。世界・日本のいろいろな場所とつながって仕事ができる。そんな暮らしを模索し実践していきます。


上記以外のお仕事、「書く事」「文章に関すること」なら何でもご相談ください。カメラも少しできます。


※1. 大量件数発注の店舗・施設取材や、面白系サイト、フリーペーパーやWebなどの媒体で広告営業が伴う案件は基本的にお受けしておりません。

※2.ホームページの構築やデザイン業務、コンサルタント業務は行っておりません。(地元の専門会社やデザイナーをご紹介することは可能です。仲介手数料はいただきません)

※3当方「仕事」としてご依頼をおうけしております。原稿料が発生しないご依頼は、基本的にお受けしておりません。

※原稿料等金額は、ご依頼の内容やボリュームによって異なります。お気楽におたずねください。


略歴


静岡県生まれ。伊豆在住。

静岡県熱海市を拠点にフリーライターとして活動中。

【なぜ地元に戻ってきたのか、なぜ熱海を拠点に選んだのか…

といった理由は、こちらのサイトを御覧ください】

好きなものはインダストリアル(音楽の方)、猫、特撮、昭和レトロ。

令和元年より玄米菜食中心の生活を再開。


1998年〜

東京・南青山の音楽系編集プロダクションで、大手週刊誌の音楽ページや音楽雑誌などの編集者・ライターとして在籍。


2005年〜

Uターン帰郷。音楽専門誌「GrindHouseMagazine」にてインタビュー記事とCDレビュー、洋楽アーティストの日本盤アルバムのライナーノーツを執筆。また、地元新聞社発行の書籍・インターネットサイトのほか、伊豆・箱根周辺の食べ歩き情報・グルメ関連書籍で、取材と撮影を担当。

静岡県東部・伊豆・箱根・山梨エリアの取材件数は、

10年間で約2,000件を突破しました。


2015年から熱海市に拠点を移し、本格的に活動を開始。

地元在住ならではの情報収集力と機動力を活かし、伊豆の旅やグルメ、多拠点についてWebサイトや雑誌へ記事・エッセイを寄稿(「ぐるたび」「47PR」「movilist」などで掲載)。また、伊豆地域の観光や商業・工業について取材活動も行っています。

西伊豆の特産物「しおかつお」を応援する冊子「かつおぼん」を、地元小売業「うめロク商店」と共同で作成・配布。このメソッドを活用した冊子とサイトの制作協力を請け負いました。

地元PR会社や地元広告代理店からの依頼案件も多数。県や市町村の事業サイトのライティングや経営者のインタビューも担当しました(ノンクレジット)。


2017年

沼津市民有志とともに地域メディア「沼津市非公式サイト」を立ち上げ。

トークイベント「静岡ライター交流会」、街づくりイベント「ATAMI2030会議」プレイベントのトークイベントに登壇。


2018年

クリエイター集団「熱湯ストレンジャー」を立ち上げ。ウェブマガジン「熱湯パンチ」創刊(諸事情により休止)。